行列が嫌いなニューヨーカーが30分でも1時間でも並ぶという中華料理店がチャイナタウンにある。 
当社代表を務める梅野貴典が、そんなウワサを 耳にしたのは、NY在住中の1994年のことでした。 
そこで出会ったのは、濃厚な蟹味噌の風味が印象的な絶品の小籠包。
梅野は、たちまちその店のファンとなり、何十回となく行列に並ぶことになります。 
そして、「この美味しさを日本に広めたい」と思うようになったのです。 
それから15年。これまで門外不出だった「ジョーズ シャンハイ ニューヨーク」の味が、ついに日本で味わえるようになりました。 

梅野が日本に広めたかったのは、小籠包の味だけではありません。 
長期にわたるNY生活で出会った、フレンドリーでホスピタリティにあふれたサービス 
の心地よさも、多くの方々に体験してもらいたいと思ったのです。 
飲食店は、料理だけでは成り立ちません。 
空間とサービスもまた店の印象を左右する大切な要素だと、私たちは考えています。

 

すべての面でグローバルスタンダードを目指す、これまでになかったチャイニーズ・レストラン。 
それが、私たちが日本で広めたい「JOE’S SHANGHAI」なのです。 
お客様に提供するのはありきたりな料理やサービスではなく、 
“これまでに体験したことがないような感動”。 
そんな志のもと、「ジョーズ シャンハイ ニューヨーク」は食というエンタテインメントを追求していきます。

 Story